学校長の部屋

学校長挨拶

 高知開成専門学校のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
 学校長の氏原 知郷(うじはら ともさと)と申します。どうぞ、よろしくお願いします。
 さて、本校は社会で即戦力として活躍できる人材を育成することを目的に、平成10年「高知コンピューター専門学校」として創立以来、職業教育に特化した専門機関として最新のITに関する知識や技術の修得と高いビジネスマインドを持った人材の育成に取り組んできました。その後、時代のニーズに合わせ、施設・設備を充実させながら学科及び教育課程の改編等を行い、平成18年6月に「高知開成専門学校」と改称しました。
平成26年には高度システム開発科とシステム開発科の二学科がこれまでの実践的な職業教育の実績が評価され、「職業実践専門課程」の認定を受けて、文部科学大臣認定「職業実践専門課程」設置校となりました。
平成27年には厚生労働大臣から看護師養成所の開設が認可され、看護学科を新設いたしました。平成30年3月には看護学科1期生が卒業いたしました。39名の卒業生のうち、36名が看護師国家試験に合格、3名が准看護師試験に合格しました。お陰様で、39名全員が高知県内の医療機関に就職することができました。今後も、 地域に根ざし、地域を活性化できる看護師を目指し日々看護教育に邁進しています。
 各高等学校の先生方からは「面倒見のよい学校」として高い評価をいただいており、企業とより一層連携した教育課程を編成し、実学重視の職業教育の実践を行っております。
 現代社会では、マルチな人材が求められています。本校は専門知識と技術の修得や資格取得はもちろんのこと、社会人として必要とされるコミュニケーション力を始め、さまざまな力を身に付け、人間性豊かな人材の育成に取り組んでいます。
 本校の教職員は、実務経験が豊富で高い指導力を有しています。学生たちも自分の夢や目標を達成するために意欲的に学んでいます。
 みなさんも自分の夢や目標を達成するため、開成で一緒に学んでみませんか。
 まずは、ホームページをご覧いただき、年間13回実施しているオープンキャンパスや本校の一大イベントでもある学園祭「日翔祭」にもお越しください。綺麗な校舎や最新の施設・設備、指導熱心な教員の姿などを実際に見て、触れて、体験してみてください。
学校法人日翔学園  
高知開成専門学校  
学校長 氏原知郷