学校概要

学校紹介

 2006年、本校は教育制度の改革に合わせ「高知開成専門学校」と名のることになりました。校名は、幕末の慶応2年(1866年)に土佐藩で殖産興業を目標に開設された「開成館」にちなんだものです。
 「開成」には、「学生自身が、日本や世界の発展のために無くてはならない重要な存在であることに気づき、新しい時代に応じた学問を修め新しい時代を切り開く実力を養う」という意味と個々の学生の「大切な何か」を育てるという本校の願いや心が込められています。
 そして「We are KAISEIという6つのコンセプト」をもとに真のプロを育成しています。

担任2人制でフォローする親切でていねいな指導。だから、わかる!伸びる!

 開成は1クラスに2人の先生がいて、学生全員の理解度をきちんと把握します。得意分野や理解度は人によってさまざまですから、それぞれにあったカリキュラムで丁寧に教えます。先生と生徒の距離が近く親しみやすい雰囲気のため、授業中もどんどん質問・発言ができます。

資格に強い!つまり、就職に強い!国家試験合格を目指すなら開成!

 本校の学科はすべて職業に対応して設置され、中でもコンピュータソフト技術者の育成には力を入れています。国家試験「情報処理技術者試験」において合格率は平成19年度には40%以上、20年度は32.1%でともに県内1位。開成は、情報系国家試験合格に一番近い学校なんです

友達は同級生だけなんてつまらない。学年を超えた"異学年クラス"で交流を広げる。

 本校は、学年を超えた「異学年クラス」制度を導入しています。日ごろの授業や検定対策などで、学年の枠を超えた多くの出会い・ふれ合いがあります。学校行事も年間を通じて多数あり、自然とコミュニケーション能力が身に付きます。年齢が違うもの同士がやりとりするのは実社会と同じ仕組み。"異学年"の交流でお互い刺激しあい成長できます。

卒業最後までサポート万全!日々の学生生活も就職活動も開成なら安心です。

 日常生活から就職活動まで、さまざまな方面から学生をバックアップする学生支援制度が整っています。経済面では、奨学金の無利息での貸与やマンションを安く提供する制度などがあります。また進路面でも、インターシップで社会体験をしたり、卒業してからもOB・OGからの相談も受け付けたりしています。

授業を自分で選べるから、興味のある分野でどんどんスキルアップができます!

 専門授業では、自分の希望するコースだけでなく、普段は勉強していない他学科のコースも自由に選び勉強できます。
 また社会戦略講座では、各界の第一線で活躍している方を講師に迎え、普段では聞けない業界の様子や一流の職業人ならではの感性を見聞きできます。幅広い知識や技術をつける機会があり、学生の間でも大好評です。

本物のビジネスマナーを習得。在学中から、社会人のルールをしっかり教えます。

 本校ではビジネスマナーを学ぶ機会を全学科に取り入れ、社会人として必要なルールを徹底指導しています。企業エントリー時のルールから就職活動時のマナー、社会に出てからの礼儀作法や意識の持ち方などしっかり学べます。さらに、実際に企業現場で働く方々の意見を取り入れた本校独自のオリジナル就活教材があり、就職後もしっかりと活躍できる人材を育成しています。「できる新人」を目指して頑張りましょう!