学科紹介

目指す仕事

  • システムエンジニア
  • プロジェクトマネージャー
  • ネットワークエンジニア
  • データベースエンジニア

目指す検定・資格

  • 経済産業省主催 基本情報技術者試験
  • 経済産業省主催 応用情報技術者試験
  • 経済産業省主催 高度(プロフェッショナル)試験
  • 日本商工会議所主催 日商簿記検定
  • 日本オラクル梶@Oracle(Bronze)
  • サーティファイ C言語プログラミング能力認定試験
  • サーティファイ Javaプログラミング能力認定試験
  • サーティファイ Excel表計算処理技能認定試験
  • サーティファイ Word文書処理技能認定試験
  • サーティファイ PowerPointプレゼンテーション技能認定試験
  • サーティファイ Accessビジネスデータベース技能認定試験
  • サーティファイ Photoshopクリエイター能力認定試験
  • サーティファイ Illustratorクリエイター能力認定試験
  • 日本無線協会 陸上特殊無線技士
 4年生の一貫教育の中で、コンピュータの基本技術やC言語、Javaといったプログラミングの基礎からSQLServer、Oracleといったデータベース活用まで幅広く学べます。また、協力企業の指導のもと、ソフトウェアの開発やシステム構築・ネットワーク構築などを実践的に学び、高度なコンピュータ技術者として活躍できる人材を育てます。卒業後は高度専門士を取得でき、大学院入学資格が得られることも大きな特徴です。
トピックス
高知県で情報系の4年制一貫教育で
高度専門士を取得できるのは開成だけ。
 4年制の専門学校のうち政府に認められた学科で取得できる、大学卒(学士)と同等の称号です。官公庁では、高度専門士は学士と同等の扱いになるため、給与面で大卒と同額になります。
 最近では、民間企業でも徐々に浸透しています。高度専門士は大学院への入学資格があり、修得後は修士課程、博士課程への進学も可能です。
カリキュラム
4年生の一貫教育を行い、システム開発に関する
連続したカリキュラムを編成。

3・4年次には企業の開発現場で実地研修もあります!

 企業と連携したカリキュラムに沿って実際に企業で開発に関与させてもらいます。プロの仕事を体験し、プロの厳しさを知り、即社会人として働けるように力強い人材を目指します。
Step1
1年次
2年次
  • コンピュータ概論
  • アルゴリズム
  • C言語
  • C#
  • Java言語
  • HTML
  • CSS
  • Illustrator
  • Photoshop
  • JavaApplet
  • Androidアプリ
  • AccessSQL
  • 社会コミュニケーション論
  • MS Office実習
Step2
3年次
4年次
  • Oracle
  • SQLServer
  • JavaServlet
  • Cloud技術
  • 仮想化技術
  • ネットワーク技術
  • 陸上特殊無線
  • 社会コミュニケーション論
  • MS Office実習

陸上特殊無線技士ってなに?

 無線局の種類、無線設備の周波数、空中線電力などを操作するための国家資格です。通信や無線業界では、新しい通信規格の「LTE」や移動通信システム携帯「4G」など、次々と進化しています。この資格があると放送局、電気通信業務用、公共事業等の多重無線設備の固定局、電話基地局等の技術的操作や、基地局の設計などを行うことができます。
※カリキュラムの見直し等により変更する場合がございます。

高度システム開発科 学生のKAISEIライフ―ある一日の過ごし方

9:20
社会コミュニケーション論
 社会力やコミュニケーション能力を高めるために、独自の手法で様々な社会事例や演習を重ねていきます。将来に向けて社会人基礎力を身に付けます。
10:20
設計・仕様書
 システム開発を行うにあたり、設計書の作成は必要不可欠。システムによってどのような機能が必要なのか話合い設計書を作成する技術を身につけます。
13:00
システム開発
 作成した設計書に基づきグループでシステム開発を行います。機能ごとに担当者を決め実現場と同じ形で一つのシステムを開発していきます。
16:00
レポート
 その日に学習したシステム開発に関する技術をまとめレポートの作成を行います。開発だけではなく、仕事に必要な文書作成力を高めていきます。