学校法人日翔学園 高知開成専門学校 沿革

平成 7年 1月 企業の観点でコンピュータ技術を柱とする専門学校の設立について検討に入る。
平成 8年 2月 開校準備事務局をソフトウェア企業である株式会社ほくでん内に設置。
平成 9年10月 学校法人旭学園認可と高知コンピュータ専門学校設置認可申請を高知県知事に申請。
平成 9年11月 校地を取得し、新校舎の起工式を行う。
平成10年 2月 新校舎第1期工事建設落成。
平成10年 3月 高知県知事より設置認可される。
平成10年 4月 高知県、高知市及び理事、評議員を迎え、開校式並びに第1期生の入学式を行う。
平成11年 4月 中央大学法学部通信教育課程と協力校としての提携を結ぶ。
平成17年 3月 TRON技術者養成プログラム開発Tを主催して、全国の有力専門学校と共同で完成。
平成18年 3月 TRON技術者養成プログラム開発Uを主催して、全国の有力専門学校と共同で完成。
平成18年 5月 高知県知事より学校法人日翔学園と改称認可される。
平成18年 6月 校名を高知開成専門学校と改称する。
平成19年 3月 スポーツトレーナー養成プログラム開発に参加して、全国の有力専門学校と共同開発する。
平成19年11月 秋の情報処理技術者試験において、少人数である本校合格者が10名となり、
         本校以外の県内専門学校合格者合計を上回り、県内大学院と大学合格者合計をも上回る。
平成20年 4月 創立10周年記念式典を挙行する。
平成26年 3月 文部科学省より職業実践専門課程の認定がされる。
平成26年 7月 看護学科新設に伴う本館階層及び東館改装工事開始。
平成26年11月 本館及び東館改装工事終了。
平成27年 4月 厚生労働省より看護学科の設置認可される。